パンを食べるのが止められない3つの理由!とパンを食べなくてもよくなる方法!

パンが大好き!
毎朝の食事でたべるほど!

 

お昼も人気のベーカリーで買ってきて、
ランチにしている。

 

とにかく、ごはんよりパンが食べたい!

 

でも、もしかして身体によくない?
太ってきたのはパンのせい?

 

美味しいからいいよね。
そう思ってやめられない。

 

私って意志が弱いのかな。

 

パンを食べない方が
いいってわかっているのに、
ついつい買って食べてしまう。

 

菓子パン。

 

菓子パンは中毒性がある、
ごはんじゃなくておやつだ!

 

と言われているもの知っている。

 

どうして止められないんだろう。
止めたら、身体が変わるかな。

 

そう思っているあなたにお伝えしたいこと。


パンを食べてしまうのは、
あなたの意志が弱いからじゃないんです!

パンを食べるのを止めたいな
と思うあなたに続きを
お読みいただけると嬉しいです!

 

なぜなら、私も夕食後にお菓子二袋を
食べ続けていた過去があるから。

 

止めようと思っても、
止められない。

 

1日我慢しても、
次の日はまた2袋。

 

そんな日々が十数年も
続いていました。

 

あなたにはパンが止められない状態から、
たまに楽しむ!状態になってもらいたい。

 

そう思います。

※動画で見たい方はこちらから↓家事をしながらラジオ感覚で学べます!

パンを食べるのが止められない3つの理由!

パンを食べるのが止められない!

パンが食べたい!
パンが止められない!

 

このご質問は多くの方が
抱える悩みの一つです。

 

何故、パンが止められないのか?

 

それは…。

1.グルテンが入っているから

パンは小麦でできていますね。
小麦の中にはグルテンが入っています。

パンを食べるのが止められない3つの理由!とパンを食べなくてもよくなる方法!

グルテン

以前グルテンフリーという
ダイエットが流行ったので、
聞いたことがある方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

 

このグルテンは肥満や肌荒れを
引き起こすということがわかっているほか、
常習性を引き起こすんです。

 

なので、中毒になりやすいんですね。

 

パンを食べれば食べるほど、
病みつきになってしまうんです。

2.砂糖が入っているから

パンを食べるのが止められない3つの理由!とパンを食べなくてもよくなる方法!

さらにパンの中には砂糖が入っています。

 

パンを食べたときに
ほんのりした甘さを感じませんか?
パンには砂糖が入っているんです!

 

砂糖の量としては、
食パン1枚の中に角砂糖が1~2個分。

 

糖は一時的に幸せホルモンと言われる
セロトニンの分泌を促し、
多幸感をもたらしますが、
すぐに切れてしまいます。

 

その落差がとても激しく、
また糖をとりたくなるんです。
こちらもまさに糖の中毒なんですね。

 

パンはグルテンと糖のダブルパンチ!
なので、パンを食べたくなる、
パンが止められないという
状態になってしまいます。

 

このループにはまってしまったら、
抜け出すのが難しいんです。

3.トランス脂肪酸が入っている

パンを食べるのが止められない3つの理由!とパンを食べなくてもよくなる方法!

これは、中毒性を
引き起こすものではありませんが、
食材の中でも
避けたいものの代表格ですね。

 

パンにはトランス脂肪酸が入っています。

 

トランス脂肪酸は
悪玉コレステロールや動脈硬化、
がん、アレルギーなどを
引き起こすといわれています。

 

悪玉コレステロールが増えて、
腸内環境がわるくなれば、
便秘を引き起こしたり、
肌荒れや免疫力の低下を招いたり、
美容やダイエット効果を
阻害してしまいます。

 

また、アレルギーを引き起こす
ということで、
パンやお菓子などトランス脂肪酸が
含まれているものを
食べなくなれば、
今まで付き合ってきた
アレルギー性のものも
改善されるかもしれません。

 

実際、私自身お菓子を食べる機会が
減ったおかげで、
今まで鼻炎だとばかり思っていたのですが、
鼻水が止まり、
毎日すこぶる調子がよくなりました。

 

パンを食べなくてもよくなる方法!

では、あなたが中毒性のあるパンを
止めるにはどうしたらいいのか。

 

中毒になってしまうのは、
栄養バランスが偏っていて、
栄養不足だからなんです。

 

とくに、タンパク質とビタミンB!
これを補っていくことを意識して、
栄養バランスを整えていけば、
パンを食べるのを
少なくすることができると思います。

 

と同時にパンを
食べることを止めなければ、
中毒性のあるものなので、
いつまでも食べてしまうんですね。

 

栄養バランスを整えながら、
パンを食べる回数を
減らしていきましょう!

 

栄養バランスが整ってくれば、
意外とすんなり、
食べなくても大丈夫に
なるかもしれません。

 

1日3個食べていた方は、
1個にしてみる。

 

毎日食べていた方は、
週に2~3回にしてみる。

 

こんな風に徐々にで大丈夫です。

 

 

お客様のお声 めぐみさん 40代

とても明るく、
毎日楽しく
お過ごしのめぐみさん。

 

お酒が入ると食事量が
増えてしまうことや、
パンが大好きで止められない、
また最近便秘気味だ
ということがお悩みでした。

 

めぐみさんの感想はこちら↓

—————————————————————————–
セミナーを受けて、
パンやパスタに含まれている
グルテンの働きについて
教えていただき、
一番驚き、
一番納得しました。

 

○○を気を付けるだけでも、
かなり違いが出そうです。

 

また、同じフルーツでも効果が違うようで、
リンゴやバナナを積極的に
とっていこうと思いました。

 

ダイ奈さんは
親しみやすい印象でした。

 

キレイな方で
美や健康について
お話してくださることに
説得力がありました。

 

長続きのしない
無理なダイエットではなく、
どうやったら負担なく
継続できるかを
先生の実践に基づいて
トークしてくださるので、
イメージしやすかったです。

 

健康的に美しくなりたい方に
おススメです!

 

セミナー内容を実践し、
食べることを我慢することからくる
ギスギスをなくし、
活き活きとした印象を
持ってもらえるようになりたいです。
—————————————————————————–

また、眠りが浅い、
あまりよく眠れないとも
おっっしゃっていためぐみさん。

 

私も以前は夜中に
3回くらいは起きていました。

 

一つはトイレ。

 

そして、鼻水が夜中にあふれ出て、
止まらなくて眠れず、
風邪薬を飲んで寝るという始末。

 

夜の21時に寝て、
6時30分くらいに起きて、
睡眠時間はたくさんなのに、
朝起きて一言目が
「疲れたぁ」でした。

 

今は6時間睡眠ですが、
朝起きると昨日の疲れも
スッキリ取れて、
エネルギーが満ちています。

 

めぐみさんにも
栄養バランスを
整えていくことで、
睡眠の質がぐっとあがるのを
ご実感いただきたいです。

パン中毒が引き起こした子供の一揆

一人ごはん何でもいいや!はもったいない!

私には子供が2人います。

 

我が家も以前、
朝食はパンでした。

 

甘いジャムを塗って。

 

毎朝の食事をごはんに変えたとき、
子供からものすごいブーイング。

 

すでに子供もパン中毒に
なってしまっていたのです。

 

私の思いを伝え、
お約束をしました。

 

パンを食べる楽しみに、
お食事をきちんと食べたら、
偉かったねシールを貼って、
5日分集まったら、
パンを買う約束をしました。

 

このようにパンを食べつ特別な日を
作ってもいいかもしれません。

 

最後に!

パンが止められないという
あなたの力になれれば嬉しいです。

 

栄養バランスを整えることで、
さらりとパン中毒から
卒業できますよ!
もっと詳しく知りたい方、
自分の場合はどうしたらいいの?
という方には、
個別相談を行っております!

 

是非、相談しに来てくださいね!
具体的なアドバイスがほしい方に!個別相談後、9割の人がスーパーに食材を買いに行った!すぐにできる!超実践型!個別相談会

 

zoom(テレビ電話)で
全国どこからでもお受けいただけます!
あなたのご相談お待ちしております!

 

メール講座をお読みの方で、
お菓子断ちできちゃった!
食べる量が1/3になった!
とお声を頂戴しております!

 

ご登録は今すぐこちらをクリック↓ダイ奈の10歳老けて見られた過去の写真も公開中!
お菓子断ち