【お客様のお声】食べたくないのに 食べていたお菓子を美味しく食べられるようになりました!

えっ!
お菓子食べるの?
ダイ奈が伝えているのは、
お菓子断ちなのに!
と思われた方もいると思います。

 

私もお菓子食べますよ!
お菓子は食べてもいいのです。

 

罪悪感を感じることなく、
美味しくいただく。

それでいいのです。

 

食べすぎてしまったり、
食べたくないのに
食べてしまうとやっぱり体に
良くないのですが。

 

楽しく、美味しく
食べていただく分には
全然OKです。

 

今日はサポートを受けてくださっている
ひとみさん(仮名)は
お菓子を食べたくないのに、
食べてしまっていた状況から
お食事を変えて、
栄養バランスを整え、
お菓子を楽しんで、
食べれるようになりました。

 

ひとみさんの
個別相談の感想を
ご紹介させてください!

田所ひとみさん(仮名)

お子様の年齢を教えてください

3歳、2歳

個別相談前に悩んでいたことや、解決したいと思ったこと

お腹が満腹でも
ストレスでお菓子を
食べてしまったり、
ご飯は食べる気がしないときでも
お菓子なら大丈夫と
お菓子でご飯を済ませていることに
体の危機をおぼえていました。

疲れが取れないし、
睡眠は浅いので
解決できたらなと思い
個別相談を受けました。

個別相談で受け取ったこと、感想

食事が原因で
疲れも溜まっていましたし、
眠りも浅く、
授乳中子供が頻回に起きるのも
私の食事のせいだったと
わかり納得しました。

この飽食の時代
栄養不足と言われましたが、
この件に関しても納得しました。

印象に残ったことや今すぐやってみようと思ったこと

まずはママが変わること
と言われたことです。

子供たちに
その食事を
強要することはないし、
段々と変わっていけばいいし、
食事も何もかも
手作りでなくていい
と言われたことです。

水の摂り方を
教えてもらったので
なるべく意識してます。

ダイ奈はどんな印象でしたか?

元気はつらつな印象でした。

どんな人にオススメですか?

食事を作るのが大変な人、
間食してしまう人

個別相談内容を実践して、半年後どのような女性になりたいですか?

イライラしないで
元気に子供たちと
遊べるママになりたいです。

ひとみさんありがとうございます!

※感想は許可を得たものだけを載せております。

 

お菓子は何故食べたくなるの?

一つは、白砂糖に中毒性があるから。
これは血糖値が影響しています。

 

甘いものを食べると
一時的に血糖値が急激に上昇する、
すると幸せという気持ちになるのですね!

 

しかし、すぐに血糖値が下がる、
また幸せになりたくなって、
食べてしまう。

 

私たちは経験上、
お菓子を食べれば、
簡単にストレス解消できる
幸せな気分になれることを
知っているのですね!

 

では、その根本にある、
お菓子を食べすぎてしまう
原因に対処していかなければ、
お菓子を無理やりやめても、
いつか爆発してしまうのです。

ひとみさんが受けた個別相談はこちらから↓
https://aroshoku.com/service/kobetsu

 

よかったら、
メルマガを参考にしてみてくださいね!

 

メール講座では、
食事についてのお話を
たくさん書いています。
よかったら、
登録してみてくださいね!

 

ご登録は今すぐこちらをクリック↓
HP登録用

【お客様のお声】食べたくないのに 食べていたお菓子を美味しく食べられるようになりました!” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。